様々な利用方法

スキンケアの基本は保湿などの与えるケアだけではなく、落とすケアのクレンジングもとても重要です。肌に一番負担のかかるケアですから、自分に合ったクレンジング剤を選んで使用するのが大切です。クレンジング剤で最も洗浄力が強く、濃いメイクでもしっかりと浮かせてオフすることができるのが、オイルクレンジングです。汚れ落ちが良い反面、皮脂などの肌に必要な成分も奪われて乾燥しやすいという特徴があります。逆に肌に穏やかにメイクを落としてくれるのが、ミルクやクリームクレンジングです。クレンジング時の指の滑りも滑らかで、洗浄力が穏やかな反面、汚れ落ちの良さに欠けるという特徴があります。便利で使いやすい拭き取りタイプのシートやローションもありますが、手軽な反面、肌との摩擦で肌が傷つきやすいというリスクがあります。

アイメイクやリップメイクを通常のクレンジング剤で一気に落とそうとすると、つい力を入れて肌を擦ってしまったり、充分に汚れが落とし切れなかったりします。肌に汚れが残ってしまうと色素沈着やシミ、しわの元にもなります。また、濃い色素のアイメイクを、クレンジング剤で肌全体に伸ばしてメイクオフすることになるので、肌にとっても好ましくありません。アイメイクやリップメイクは専用のリムーバーで落とすのがセオリーです。マスカラやウォータープルーフタイプのアイラインなどでも、しっかりと落とすことができるので、顔のクレンジング前に予めリムーバーで落としておくのが大切です。その後で顔のクレンジングを行なえば、肌に汚れを残すことなくスムーズにクレンジングをすることができます。